Company.png

極めて高性能で、優れた耐久性を持つ次世代材料 ”量子ドット” の、

研究開発・評価と安定供給により、サスティナブルな社会、SDGsに貢献すること、

それが QMT = 株式会社 量子材料技術の役割です。

さらに、量子力学計算や様々な最先端材料技術を活用し、

環境・エネルギー分野へと幅広く事業展開して​まいります。

産総研発ベンチャー.png

Since  JUN 20, 2022

Milestones

研究開発の沿革

YEAR

2005

世界初

光る量子ドット分散ガラス

ガラス中に量子ドットを安定かつ均一に分散させることで、新しい蛍光ガラスを世界で初めて合成しました。今までの希土類蛍光体よりも、明るくて美しい色が出せます。ディスプレイ、照明用蛍光体などへの応用が期待されます。

▼ 詳しくは こちら

分散硝子.jpg
産総研.png

YEAR

2010

世界初

高効率で蛍光を発する、環境にやさしい量子ドット

有害な重金属を使わない量子ドット(InP系)を、安価で安全な P 源を

用いることで合成し、水中で安定に光らせることに世界で初めて

成功しました。バイオ・医療分野での、細胞内の化学反応の検知や

ウイルス検出など、量子ドットのさらに広い範囲への応用が期待されます。

▼ 詳しくは こちら

量子ドット.jpg
産総研.png
 
 
ビニールハウス

Dimensions

研究開発の領域

ディスプレイ.png
人口光合成.png

Quantum dot display

Artificial photosynthesis

量子ドット ディスプレイ

人工光合成

太陽光電池.png
植物工場.png

Solar cell

Plant factory

太陽電池

植物工場

バイオ.png
医療.png

Biotechnology

Medical technology

バイオテクノロジー

医療技術

 
グレーラウンドパターン

About Us

Mori.jpg

代表取締役 CEO  森 良平

​(Ryohei Mori, Ph.D)

京都工芸繊維大学、修士課程から京都大学大学院に進学して、京都大学博士(工学)を取得。

ハーバードビジネススクール GMP 修了。環境、

エネルギー分野の最先端技術を開発する

GSアライアンス(株)を起業し、国連の

UNOPS GIC KOBEが支援するスタートアップ企業としても採択された。今回、量子ドットと産総研の村瀬の技術が、自分たちの技術との相乗効果を期待できると判断し、産総研の技術を世の中に

送り出すために社長に就任。

Murase.jpg

取締役 CTO  村瀬 至生

​(Norio Murase, Ph.D)

東京大学理学部化学科と修士課程を修了。自分の技術で世の中を変えることを目標にして

(株)日立製作所に就職し、超高密度光メモリの研究に従事。実用化に至る研究の手法を厳しく

教えられて博士(工学)を取得したのちに、

現在の産業技術総合研究所に転職。量子ドットの研究に着手して、耐久性向上と毒性回避を主要な研究テーマに設定。東大EDGE NEXTの事業化構想プログラム(2019年度)に参加して優秀賞を獲得したのちに、起業。

Company

会社名

株式会社 ​量子材料技術(QMT)

所在地

〒666-0015 兵庫県川西市小花 2-22-11

TEL

072-759-8501

​E-mail

役員

CEO  森  良平 / CTO  村瀬  至生

​設立

2021​年4月​

​資本金

​1,200万円

​事業内容

​量子ドット等の先端素材の研究、開発、製造販売

Contact

ありがとうございました

QMT-LOGO.png

© 2022 Quantum Materials Technology.Co.Ltd . All Reserved.